採用支援サービスで他社に勝つ!人気の採用支援BESTランキング

Home > 採用支援サービスについて > 採用管理システムは多くの企業が導入している

採用管理システムは多くの企業が導入している

 採用管理システムとは、社員の採用に関する業務を、一元的に管理することを目的としたシステムです。採用にも、新卒はもちろんですが、転職者の中途採用、アルバイトやパートなどの非正規雇用者の採用など、様々な形態があります。
 また多くの企業において採用のステージは共通していますので、システムによる汎用化が可能となり、多くの企業が導入しています。募集要件を決定して求人情報を公開します。応募完了後は、面接などの日程調整、面接支援、選考支援という段階を踏んでいくのが一般的です。
 候補者をリスト化し、面接や筆記試験の進捗を管理するだけではありません。面接官は、自社の魅力を理解してもらうように話をし、入社意向を向上させながら、的確な質問で能力や素養の見極めを行います。優秀な人材に対しては、他の企業からも引く手あまたです。
 選考時の内容も踏まえて支援することで、優秀な人材の確保につなげることができます。

 面接官は複数になりますが、他の面接官からの申し送りやコメント、見極めに最適な質問例などの情報を提供することで、候補者とのコミュニケーションの質を向上させることができます。また、自社への関心度や経歴、仕事に対する考え方などによって、候補者をタイプ分けし、より有益な情報を引き出すことができそうな面接官を提案することも、採用に当たって非常に有益です。
 面接官が行った評価や選考過程を一元的に管理することができますので、個々の面接官が引き出したデータを全員で共有化、可視化することができます。これにより、応募者の情報をメールでやりとりすることで、見落としがあったり、書類で共有することと異なり、電子ファイルで保管することで、全員で共有、閲覧が可能となります。
 最終的には、入社した社員の活躍状況を検証し、選考方法など一連の採用過程の見直しを行うことができます。入社後の社員の勤務ぶりを検証するには、一定の時間を要します。このため、採用当時の採用計画から募集チャネル、選考過程などを残しておき、その上司向けのアンケートを実施することで、採用過程を検証することができます。

 最終的な採用が完了すれば、ミッションとしては完了します。しかし、採用業務に関してもPDCAサイクルによるチェックを導入することで、その改善につなげることもできます。応募者が、どの求人情報を見て応募したのかチャネルを分析することができます。
 それにより、求人媒体の取捨選択を行うことが可能となり、採用プロセスの効率化を図ることができます。採用における各段階の過程を、全体的に可視化することで、採用業務の問題点を発見することができます。