採用支援サービスで他社に勝つ!人気の採用支援BESTランキング

Home > 採用支援サービスについて > 採用支援システムを利用して人材を採用する

採用支援システムを利用して人材を採用する

採用支援システムをご存知でしょうか。
就職しても仕事の内容が合わない、人間関係にストレスに感じるなどの問題を抱える方は多いです。
企業側も退職者が多いと仕事がうまく回らない、人件費が多くなるなどの問題を抱えます。
自身が活躍したい、社会へ貢献したいと考える人材とそのために用意された会社の両者が出会うように支援をします。
しかし、実際には、両者が思ったような良い機会が多くないのが現状です。
採用支援は、人と企業の最適な出会いを必然的に起こす採用のプロモーションです。
企業の5年後、10年後を見据えて人材を選択し企業戦略に実現できるに必要な人材を明確にします。
働く側と企業側にとって無駄のないシステムなので採用支援システムを利用する企業も多いです。
会社が求める人材を分析理解して、必要な人材を採用まで支援します。



採用支援をしてくれる会社が多数ある

毎年のように新卒採用をしていても、良い人材が見つからなかったり、想像どおりに成長しなかったりすることがあります。
逆に、たくさん応募があり選択することが大変になってしまうこともあります。
どちらにしても、人材採用担当者はとても大変な仕事です。
人材を見極める力も必要になることから、採用支援をしてくれる会社に頼ってみるのもいいかもしれません。
実際に、最近は採用支援会社を利用する企業が増えてきています。
まず、履歴書の選別を手伝ってくれたり、面接の日程を組んでくれたりといった細かな作業をしてくれることが多くなっています。
日程の連絡をするだけでも、定員枠が多いととても大変です。
また、不採用であっても最近はメールなどで連絡をすることがあります。
この手間を省けるだけでもかなり助かるはずです。
もちろん、採用支援会社を選択するには、これまでの実績や評判を参考にしましょう。



アウトソーシングできる採用支援サービス

新入社員の採用はアウトソーシングすることもできるため、採用支援のプロに依頼してみることをおすすめします。
アンケートを実施して内定者や辞退者の意識調査を行い、来年の採用活動に生かすことができます。
また採用したい求める人物像を設定したり、入社したいと考えてもらえる事項を明らかにします。
評価シートを作成したり採点マニュアルを制作するといった選考プロセスの設計も行われます。
さらに広報戦略を立案して、どのように広報すれば最も効果的に会社の魅力が伝えられるのかを模索します。
インターンシップなどのセミナーを設計して、多くの学生を集めるためのイベントを企画し、実際に求めているレベルの学生を動員します。
内定者の不安を払拭するといったフォローも行い、パンフレットなどの採用広報ツールも制作してもらうことができます。

次の記事へ